暮らしラボ(KURASHI LABO.)

暮らしラボ(KURASHI LABO)女性が作る、女性の為のお家・・・理想の暮らし方を考えてみた。

HOME > コラム詳細
2016/08/03

【基礎代謝が最も下がるのは、8月だってご存知でしたか?】
鍼灸サロンMeilong代表の石川美絵です。
猛暑と水不足と不安定な気圧の夏ですが体力はつけていますか?
基礎代謝が1番下がる8月は想定外に体重が増えている!!なんて日もありますよね。
【夏に基礎代謝が下がる理由】
寒い季節には、人は体温が外気温にひきずられて下がらないように、体内の熱の産生を多くし体内の熱の放散を抑えます。
例えば、筋肉を使って熱を産生することで代謝を上げます。
又、プールの水が冷たくて、体全体や唇が小刻みに震えたことはありませんか。
これは『ふるえ産熱』といって、寒い時に筋肉が無意識に細かく震えて熱を起こす現象です。
夏は外気温が高いためふるえ産熱で筋肉を使って身体の中で熱をつくる必要がなくなるのです。
そんなこともあり代謝は下がるんですね。
前回に引き続き薬膳のお話をします。
夏は成長する季節。太陽の光を浴びて全ての物がぐんぐん伸びるそんな時期です。
1年の中で植物が1番元気な時期で本来なら人間も1番元気な時期のはずですが皆さんはいかがですか。

夏と冬では身体の状態は違います。暑い夏には皮膚の毛穴が開いています。
効率よく汗をかけるわけですがクーラーの効いた部屋にいると逆に開いた毛穴から冷気を身体にどんどん取り込みます。
夏場に元気が出ない人はこのせいです。
夏は暑いので基本的には身体を冷ます物を摂る事がよいですが、現代人においては冷えないように心がけることも大切かもしれません。
【夏に食べたいもの】

◎“苦いもの”は身体の熱を冷まします。
ゴーヤ、ピーマン、みょうがなど

◎ 熱を冷ましたり汗で失った水分を補います。
(トマト、冬瓜、きゅうり、すいか、セロリ、豆腐)

◎ 冷房で冷えすぎた場合は身体を温めるものを。
(かぼちゃ、しょうが、長ネギ、しそなど)

また眠れない夏の夜はこんなツボがオススメ!!

【百会】頭頂部
基本的には誰かに眠れるまでヘッドマッサージをしてもらうのがオススメです。
この百会はツボ押しの棒などでぐりぐり刺激するのもオススメ。
【天柱】【風池】【完骨】
この3点の(左右で6点)を頭の力抜いてもらい施術者が指で支えて髄液の流れをスムーズにしてあげることでストンと眠りにつけるポイントです。15分あれば十分でしょう。
施術者は素人だと難度は高めですがお会いできる方には教えてます!

【天柱】後頭部、第二頸椎同じ高さで僧帽筋外縁の陥凹部

【風池】高頭骨の下方、胸鎖乳突筋と僧帽筋の起始部の陥凹部

【完骨】乳様突起の後下方の陥凹部

【失眠】かかとの中央

これはとっても簡単に見つけやすいツボです。
ここにお灸をしてもらうと良いです。何壮でもおすすめ。
50壮以上やると膝の疾患も治るという優れツボ。

※50壮とは、お灸をツボに50回据えると言う意味です。


お灸は素人さんでも簡単に手に入る様になりましたので簡単に試せますね。

みなさん残暑を元気いっぱいに乗り越えてください!!

石川美絵(mie ishikawa)

2014年から四ツ谷に隠れ家紹介制治療院を開業し翌年に恵比寿へ『初めての鍼灸治療体験』をテーマにどんな方でもきやすい鍼灸サロンを引き続きオープン。
それぞれ専門的な知識を持ったスタッフを揃え健康な身体の上に成り立つ美容!をポリシーに幅広い心身の悩みに対応し健康美容鍼灸を施術している。
また海外で活躍してきた経験豊富な語学堪能なスタッフたちの支えも活かし世界中の人々に施術対応できるよう素晴らしい日本鍼灸を伝える活動もしている。

まだまだ未知の領域に置かれる鍼灸業界…
『怖そう、痛そう、使いまわしてそう、なぜ治るか不思議…、』そんな世の鍼灸治療を知らない方たちに少しでも鍼灸がもたらす神秘的な健康、美容法を身近に伝える場になればと思っている。