暮らしラボ(KURASHI LABO.)

暮らしラボ(KURASHI LABO)女性が作る、女性の為のお家・・・理想の暮らし方を考えてみた。

HOME > コラム詳細
2016/06/24

【天性の健食マニアの美容的生活】

< 「痩せ体質」を手に入れる!(前編) >

寝てても痩せる!
そんな夢のようなダイエット法があったらいいと思いませんか?

実際、いつもと同じように寝ているだけなのに、毎日30分間ウォーキングする以上の効果が得られる、
「夢のような方法」なら1つございます。

夏に向けて皆様ダイエットに勤しむ時でしょうから、今回はそんな秘策をご紹介させていただきますね。

さて、あなたの周りに「どんなに食べてもなぜか太らない人」っていますでしょう?
逆に「たいして食べていないはずなのにすぐに太ってしまう人」も!

これ、生まれながらの「体質の違い」だと思っていませんか?
どうして私にはその「体質」が備わっていないのかしら!!って。

ですが、食べても太らない人というのは、先天的でもあり、後天的でもあり、食べても太らないだけの 「体質」を身につけている場合があるのです。

つまり、この「体質」はあなたも手に入れることができるもの。
「痩せ体質」はあなたにも身につけることができるのです!

では一体どうやって??

その方法はズバリ「基礎代謝」をあげること。

「基礎代謝」というのは、何もせず、それこそただ寝ていても体が消費するエネルギーのことです。

具体的には、心臓を動かしたり、体温を一定に保ったり、体の隅々まで血液を送り届けたりと、私たちの意識とは関係なく、とめどなく行われる生態活動で、基礎代謝が占める1日の消費カロリーは、なんと全体の70%にものぼります。

つまりこの、「寝てても消費される!」70%の基礎代謝をどれだけ高めることができるかで、あなたが「痩せ体質」を手に入れられるかどうかは決まるのです。

では、「基礎代謝」ってどうしたら上がるのでしょう?

心臓を2倍早く動かすこと? 血液をより多く流すこと? 体温を1度あげること??

そう!「体温を1度あげること」!!

運動をすれば心臓は早く動きますし、血液も多く流れますが、体温に関してはお風呂に入るだけでも上がります。
他にも朝起きてウォーキングする、白湯を飲むといった方法も有効ですし、ストレッチなんかも効果的。
いずれも難しくないことばかりで続けられそうでしょう?

大事なのは1日1回必ず体温を1度上げる習慣をつけることです。

もちろんこれらは一時的な体温上昇で、望ましいのは平熱を常に1度上げた状態でキープすることなので、これに関してはまた別で解説させていただきます。

さて、あなたの平熱は何度ですか? そもそも正常な「平熱」って何度なのでしょう?

37度になると頭がぼぅっとして具合が悪くなる方も多いでしょうから、36.3度位が妥当でしょうか?

いえいえ、実は、正常な平熱は36.5度〜37.1度です。

これ、かなり高いですよね!
驚かれた方も多いのでは?

つまり37.1度が平熱ということは、本来であれば37度程度は微熱ではなく、熱代謝の良いベストパフォーマンスな状態であるべきなのです。

ですが、現代の方々は平熱が36度以下の「低体温」の方が非常に多くいらっしゃり、それこそ「私、平熱が低くて」と、さも自慢げにおっしゃられる方もいるくらい!

確かに体温が低いと夏場は涼しくて良さそうですし、体温が高い方って熱血でテンションも高く、近寄られると暑そうなイメージですよね?
かく言う私も子供の頃は、体温を低くサバ読んでいたこともありました。

そんな、なんだか素敵なイメージすら抱かれている「低体温」ですが、実は実はとんでもない!
「体温が低い」とは色々な病気を引き起こすとても危険な状態なのです!!

ざっと挙げるだけでも肌荒れに便秘、生理不順といった比較的軽めの症状から、胃潰瘍に大腸炎、糖尿病に認知症、そしてなによりガンのもとにまでなる始末!!

体温は私たちの免疫力にとても大きな影響を与えています。

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなり、逆に体温が1度上がると免疫力は5〜6倍にも高まります。

さあ、どうでしょう?体温を1度上げる大切さ、少しはお分りいただけましたか?

今回のお話は「痩せ体質を手に入れる!」ということで進めてきましたが、実は体温は痩せるだけではなく、もっともっと深い話。もちろん肥満もあらゆる病気の元凶ですから、痩せ体質を手に入れることは全てあなたの健康のために繋がります。

これから暑くなってくると、ついつい冷房を効かせ過ぎたり、冷たい飲み物を多く飲んだりと、なにかと体を冷やしがちになりますよね。

ですが そもそも体を冷やすことは私たちの体にとって非常にストレス!
体温が高いことと、暑さをより感じることは別物です。

それよりも、体温を上げることは代謝UPで消費カロリーが増えますし、免疫力も上がり、悪性細胞やウイルスも撃退してくると、全てにおいて良いことずくめ!
体温を上げることは、ダイエットにはもちろん、あなたの健康にとって非常に有益なことなのです。


最後にもう一度繰り返しますが、体温を一度上げる方法は難しくありません。

暑くなるとシャワーで済ませがちなお風呂ですが、そこはしっかり湯船につかって、ゆっくり疲れをとる時間にいたしましょう。

朝でも夜でも構いません。長湯をする必要もなく、10分程度湯船に浸かるだけで、1度の体温は簡単に上がります。

ただしお湯の温度は必ず41度で!!
これは熱過ぎてもぬる過ぎてもいけません。

健康の源「痩せ体質」を目指して、体温を上げる習慣を身につけてください。


次は一時的ではなく、常時の平熱を上げる方法をお伝えさせていただきます。まずは続けられる小さな一歩から!
1日1回体温を1度上げるだけでも、1日1回免疫力は上がります。


朝倉 優紀(あさくらゆうき)

ダイエットナビゲーター
肥満予防健康管理士
アンチエイジングアドバイザー

都合の良い合理主義でパフォーマンス重視。食べたいものを食べるために、普段から選んで行っていることが理にかなう天性の健食マニア。無理なく無駄なく我慢せず、「食事は楽しむものである」というポリシーの元、知識を入れることによってバランス感覚を養い、痩せる「脳」を作る意識改革を行う。歳を重ねるごとにスタイルを作りあげ、今や姿勢矯正・小顔術まで手中に入れた一児の母。デザインとセンスがベースにあるため、土台である姿勢と体を美しく整え、それをさらに綺麗に細く見せる視覚効果を使ったファッションコンサルまで担う。「化けさせる」プロ。 肥満予防健康管理士としては、痩せることだけを目的とするのではなく、病気にならない「予防医学」として生活習慣改善のカウンセリングを行う。
(埼玉県出身 慶応義塾大学 環境情報学卒)