暮らしラボ(KURASHI LABO.)

暮らしラボ(KURASHI LABO)女性が作る、女性の為のお家・・・理想の暮らし方を考えてみた。

HOME > コラム詳細
2016/05/12

【端午の節句】

5月5日は端午の節句。現代ではこどもの日。
3月3日が桃の節句で、女子の祝ですが、端午の節句は、男子の祝。
そもそも節句とは、中国からもたらされた、陰陽五行説に由来する、季節の節目の日。
そこに、日本の風習や風俗が加わって、伝統としての年中行事を行う日となりました。
五節句がありますが、以下の様な物。
1月7日 : 人日の節句 「七草の節句」七草粥で新年を祝う
3月3日 : 上巳の節句 「桃の節句」ひなまつり
5月5日 : 端午の節句 「菖蒲の節句」男の子の成長を祝う
7月7日 : 七夕(たなばた)の節句
9月9日 : 重陽(ちょうよう)の節句「菊の節句」菊花の香りの酒で月をめでる
端午とは、旧暦の午の月の最初の午の日と言う事で5月5日と言う事になります。
関西では粽(御所粽)、関東では柏餅を食べますが、最近はどちらも店頭に並んでいます。
粽は笹に包まれていて、笹の香りが何とも言えません。
柏餅の様に餡子が入っているわけではありませんが、素朴な味が良いですね。
関西では、柏を栽培しているところが少ない事も有って、過去は少なかった様です。
関東では、柏という地名までありますものね。
柏の葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、家系が途切れないという縁起もあるとされています。

ところで、5月は花菖蒲、アヤメ、杜若といったアヤメ科の花が咲きます。
菖蒲は尚武に通じると、菖蒲湯に入る風習も、この節句ならではの事。

しかし、菖蒲湯に使う菖蒲と、花菖蒲が違う物ってご存知でした。
菖蒲湯の菖蒲は、サトイモ科の植物で、黄色の小さな花が付くそうです。
私なんぞは、花菖蒲とアヤメと杜若の違いも分かりませんが、これも其々違うそうです。
はて? アヤメも漢字で書くと「菖蒲」、全く何が何だか???

菖蒲湯の菖蒲ですが、独特の香りが有って、この香りが厄除けになると言う事らしいです。
冬至の柚子湯にしろ、いわゆるハーブ湯に、昔から浸かっていたのですね、日本人は!!
植物系の揮発成分は、ストレスの緩和に役立つものです。いわゆるアロマ効果です。
副交感神経を優位にして、睡眠をしっかり取ると言う事を、体感で分かっていたのだと思います。
又、菖蒲にはアサロンやオイゲノールという精油成分が多く含まれています。
アサロンは殺菌作用が有り、オイゲノールには消炎鎮痛作用があると言われています。
立派な健康法ですね。

兎に角、夏に向けての季節の変わり目。
小豆のポリフェノールを柏餅で摂って、ハーブ湯に入って、リラックス。快眠で、免疫力UP。
端午の節句ですが、男も女も関係ありませんね。