暮らしラボ(KURASHI LABO.)

暮らしラボ(KURASHI LABO)女性が作る、女性の為のお家・・・理想の暮らし方を考えてみた。

HOME > コラム詳細
2016/10/06

【秋刀魚についてる 大根おろし と スダチ。これにはキチンと意味があった!】

秋の味覚 秋刀魚

焼いた秋刀魚の脇にいつもちょこんと添えられている
大根おろしとスダチ。

これらにちゃんと ワケ があったのをご存知ですか?

秋刀魚は糖質の代謝を促してくれるビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1は「疲労回復のビタミン」とも呼ばれ、
疲労物質の 乳酸 が蓄積するのを防ぎ、
末梢神経の働きも正常化してくれます。

青魚の特徴として、
血栓や動脈硬化などに効果を発揮する「EPA(エイコサペンタエン酸)」や
「DHA(ドコサヘキサエン酸)」といった オメガ3系オイル が豊富で、
「鉄」や「カルシウム」「ビタミンB2」なども豊富。

旬の秋刀魚は脂も乗って一段と栄養価が高まりますから
お安く、美味しく、栄養も摂れる!と一石三鳥です☆

付け合せの大根は
「ジアスターゼ」や「プロテアーゼ」といった
消化酵素がたっぷり含まれ、
「ジアスターゼ」は別名「アミラーゼ」とも呼ばれ、
主にデンプンを分解することで知られています。

「ジアスターゼ」には高い解毒作用もあり、
焼き魚の焦げに起因する発がんリスクを低減させる効果があります。

「プロテアーゼ」はタンパク質に作用する消化酵素のため、
胃もたれを抑え、消化を促す
焼き魚は勿論、焼肉や天ぷら等でも付け合せに定番なのは
まさに理にかなった食べ合わせなのです。

スダチ(レモン)はビタミンCを多く含み、
秋刀魚などのオメガ3系特有の酸化しやすいという難点を
ビタミンCの優れた抗酸化力によって防いでくれます。

秋刀魚に含まれる「鉄」の吸収もビタミンCは高めますから
女性には特にオススメ。
「鉄」は極めて吸収率の低い栄養素ですので、
摂取するときはビタミンCも一緒に摂るようにしていきましょう。

スダチがなければ、レモンやカボスなどでもOK
大根自体も実はビタミンCが豊富です。

最後に、新鮮で美味しい秋刀魚の選び方を。

① 背の部分が青黒く光っていて、全体的に身が締り、ハリがあるもの
② 口先と尾の付け根に鮮やかな黄色のラインが生じているもの(脂が乗っている証拠)


秋刀魚の旬は9〜11月。
この時期のものは栄養価が高く、
脂も乗ってお味も一段とアップしているので、
ぜひ塩焼きやお刺身など、日々の食卓に摂り入れ
たくさん召し上がられてくださいね。


朝倉 優紀(あさくらゆうき)

ダイエットナビゲーター
肥満予防健康管理士
アンチエイジングアドバイザー

都合の良い合理主義でパフォーマンス重視。食べたいものを食べるために、普段から選んで行っていることが理にかなう天性の健食マニア。無理なく無駄なく我慢せず、「食事は楽しむものである」というポリシーの元、知識を入れることによってバランス感覚を養い、痩せる「脳」を作る意識改革を行う。歳を重ねるごとにスタイルを作りあげ、今や姿勢矯正・小顔術まで手中に入れた一児の母。デザインとセンスがベースにあるため、土台である姿勢と体を美しく整え、それをさらに綺麗に細く見せる視覚効果を使ったファッションコンサルまで担う。「化けさせる」プロ。 肥満予防健康管理士としては、痩せることだけを目的とするのではなく、病気にならない「予防医学」として生活習慣改善のカウンセリングを行う。
(埼玉県出身 慶応義塾大学 環境情報学卒)