暮らしラボ(KURASHI LABO.)

暮らしラボ(KURASHI LABO)女性が作る、女性の為のお家・・・理想の暮らし方を考えてみた。

HOME > コラム詳細
2015/10/20

【October】

OctoberのOctは、8の事です。8の事なのに、何で10月なのか、疑問に思いますよね。
私の認識は、カエサルとアウグストゥスが暦を作った際に、July(ユリウス)とAugust(アウグストゥス)を
September(7番目の月)の前に押し込んだと思っていました。
だからSeptemberは9月になったと。
しかし、請け売りですが、永田久 『暦と占いの科学』 (新潮選書、1982) という本には、紀元前 8世紀半ばまで使われていた 「ロムルス暦」 という暦は、1年が 304日の 10ヶ月しかない太陰暦だった。現在の 3月が年初で、農作業のできない寒季の 60日は、暦そのものがなかったという説を採っています。
農耕太陰暦から太陽暦に直した時に、この寒季の、「分けのわからん60日」の処理に困ったのでしょうかね。
暦の話は、専門家でもないのでさておき、10月はと考えると、収穫の秋。
収穫祭の時期は、海の幸、山の幸、美味しい物が一杯でてきます。
たくさん食べると、肥満が気になる季節です。

肥満は、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の第一歩。肥満にならない住宅ってある?
トイレまで歩いて10分なんて出来っこありません。
勿論、運動してエネルギーを使えば、カロリー消費しますので良いのですが、中々時間がね。
ちょっと食事の仕方を考えましょう。

むかし、お母さんに「良く噛んで食べなさいとか、ゆっくり食べなさい」と、言われたことはありませんか。
人間は、食事を初めて20~30分すると、レプチンというホルモンが分泌されるようです。
此れが増えてくると、強力な飽食シグナルを伝達し、満腹感を得る事になります。
前述の「ゆっくり食べなさい、良く噛んで食べなさい」というのは、満腹ホルモンのレプチンの分泌を考えれば、人の摂理に適っている事です。
早食いは、飽食の始まり、飽食は肥満の始まりって事です。

月並ですが、家族と会話をしながら、ゆっくりと楽しむ食事。
そして、座り心地の良い椅子と、ダイニングテーブルが必要ですね。
当然、食卓が美味しく見える、照明も大事です。
ゆっくり食べる設えを作ること、住宅で出来るのはこれ位ですか。
こんなことを考えながら、住宅の内装を考えるのも、家創りの楽しみ。
分からなければ、コーディネーターと一緒に考えて下さい。
きっと、プロの意見が役に立つと思います。