暮らしラボ(KURASHI LABO.)

暮らしラボ(KURASHI LABO)女性が作る、女性の為のお家・・・理想の暮らし方を考えてみた。

HOME > コラム詳細
2015/10/20

【神無月と神在月】

10月は、神無月と言います。
日本全国の神様が、この時は出雲大社にお集まりになると言うので、神無月と言う様です。
出雲地方では、逆に神様が集まるので、神在月となっています。
全国の神々は旧暦10月11日から17日まで7日間、出雲の地で神事が行われると言われています。
実際は、旧暦と新暦の差があるので、季節感に少々違いはあります。
出雲では神在祭行われ、このとき「神在餅(じんざいもち)」を振舞います。
その「じんざい」が土地の言葉でで訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、都に伝わったといわれています。
江戸初期の文献には、ぜんざい発祥の地が出雲であると、書かれている様です。
ぜんざいは、小豆と餅が主役。餅はもち米の収穫が無ければ出来ませんので、
神在月は、豊穣のお礼を捧げるものでもあったと考えます。

神在餅:出雲観光ガイドホームページから写真転載

出雲観光ガイド:http://www.izumo-kankou.gr.jp/1275

ところで、日本は農耕文化。
ぜんざいの小豆やきな粉の大豆など、植物タンパクが豊富です。
昔は、お米の精白度も低いので、胚芽などのタンパクも結構摂取していたでしょう。
もちろん、豆類は必須アミノ酸のトリプトファンも豊富な食材。
トリプトファンって、眠りのホルモンと言われてる、メラトニンの原料だ!
メラトニンがしっかり分泌されないと、眠れませんね。
ちなみに、メラトニンは食物から摂取出来ません。
トリプトファンを原料にして、体内生産しか出来ない物です。
トリプトファン不足は、睡眠不足につながります。

食事を規則正しく摂って、しっかいり寝る事は、免疫力アップに一番大切な事。
昔の人は、健康の秘訣を知っていたんだ。
食べるもの食べたら、後は寝ることかな。
眠るための設えは、健康住宅に求められる機能ですね。
快眠の為の建築屋のレシピは、又の機会に。